So-net無料ブログ作成

2009年度海洋学レポート1について(追加!!) [掲示板]

6/23 15:30に下記内容の一部、及びダウンロードファイルの一部を訂正、また質問がありましたので、その回答を記載しました。それ以前に見た人は確認のこと。

密度計算に用いる式について、「海の科学」最新版(本年度生協で販売していた第2版)に以下の誤植がありました。訂正して下さい。
p50 5-5式 右辺第3項 (誤) Sの2/3乗 → (正) Sの3/2乗 
p51 係数a0について (正) 0.999842594に10の3乗をかける(見本ファイルにある数値が正しい)
p51 (誤) σ=1,000×ρ-1,000 → (正) σ=ρ-1,000
p51 5-7式 (誤) σt=1,000×ρ(S, t, 0) - 1,000 → (正) σt=ρ(S, t, 0) - 1,000

尚、計算には、他の本(例えば「海洋観測指針」)を参考にしても構いません。同じ式です。

サンプルファイルは、講義の掲示板からダウンロード出来ます。見本ファイルも更新しました。

Q. 圧力pは必要か?
A. 「海の科学」に書かれた式では必要ないので、見本ファイルから削除しました。

Q. 見本ファイルで、σt、ρ(S, t, 0)、2項目、3項目、4項目、ρwの順に並んでいるが、2項目以降が求まらないとρ(S, t, 0)は求まらないし、σtも求まらないが?
A. 左から順に求めなければいけない、とは限りません。最終的に必要な値を左に持ってきただけです。

その他、講義で説明した内容ですが、塩分の単位は?→「海の科学」参照、ダウンロードした2つの図の違い→平均と平年からの偏差、水温は目分量で読み取るのか?→Yes

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村 環境ブログ 環境学習・教育へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 海辺の暮らしへ にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。