So-net無料ブログ作成
検索選択

2013卒論発表(12月期) [研究室]

年明けから船舶実習に行く4年生の卒論発表会が開催されました。

私の学生は、今回1名。機関科のY君です。船舶から排出される温暖化ガスN2Oに関する実験結果です。私が在外研究に行っていたため、海技研のY研究員と、倉敷紡績(株)の全面協力の下、Y君が能動的に実験を進めました。

連日の研究室泊まり込み。数日前は収集がつかない状況でしたが、何とか発表にこぎ着けました。
山本2.jpg

が・・・

山本1.JPG
おや~?
そうですねえ、スタンディングでノックアウトされた感じですかね(苦笑)

まあ、でもよく頑張りました。
質問の意図を直ちに読み取って、適切な回答をするのは、研究者でも大変。
しかも卒論発表では、共同研究者である指導教員は審査する側なので、助け船は一切出しません。

大切なのは、この経験から何を学ぶか&どう生かすか。
そのことは解っているので、今後に期待です。
彼はタンカー乗りとなって、日本のエネルギー問題に貢献してくれるでしょう。