So-net無料ブログ作成

サンクトペテルブルク港湾調査 [旅行]

EMECS会議でロシアのサンクトペテルブルク(旧レニングラード)に滞在。
たびたび洪水に見舞われることから、沖合いの島を拠点にしてダムが作られている。通常は、水質保全のための開口や船舶の航路が確保されているが、洪水の可能性が生じたら、そこも閉鎖する。 
グレーの堰が開き白いゲートが出る。ゲートは、浮かせて油圧で押し出す。これが航路の左右から出る。ゲートは円弧状になっている。
水深数mの浅い湾。全体を堰で覆うとは、日本ではないね。
IMG_20160827_131105.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0